出産経験のない人にも起こる?ゆるみの原因と治療方法を知る

出産や加齢の影響が原因

女性の特有の悩みとしては、膣のゆるみがあげられます。その症状としては、お風呂やプールからあがったときに水が出る、くしゃみをした時に尿漏れする、トイレの回数が増えるなどがあげられます。さらにパートナーからの指摘で気づくこともあります。改善のためには原因を知っておく必要があります。まず、出産経験のある人はそのことでゆるんでいる可能性は高いですし、出産経験のない人も加齢や運動不足でゆるむことがあります。外見からは判断できないものですが、悪化すると子宮脱が起こることもあり、その場合は手術も必要です。そうならないためにも膣のゆるみは早めに改善しておきたいところです。

様々な改善方法があります

膣のゆるみを改善する方法としては、骨盤底筋を鍛えることが大事ですので、エクササイズも取り入れてみましょう。こうした運動は特に難しいものではなく、体力のない人にも手軽に取り入れられるものです。基本的にはお尻を締めたり、ゆるめたりなど簡単な運動で、時間も数分程度で十分です。骨盤底筋のゆるみはすぐに改善できるわけではありませんので、毎日根気よく続けていきましょう。努力で改善できない場合は医療機関の治療も効果的です。

医療機関では膣のゆるみに対する様々な治療が提供されています。その方法としては膣の縮小手術、フィラーの注入、高周波や炭酸ガスレーザーの照射で膣壁のコラーゲンを増やす治療などが用意されています。症状により合う治療方法は違いますので、まずは医療機関で診察を受け、それぞれに合う方法で悩みを解消しましょう。

膣圧は、年齢や出産経験の有無、運動習慣などによって大きな個人差があり、正しいトレーニングや外科手術などで改善を目指すことができます。