トータルコストはどれくらい?スペースはどれくらい?

トータルのコストから選ぶ

美味しい水を飲みたいならペットボトルは便利です。一本1リットルから2リットルぐらいあり、好みの産地の水を選べます。ただその都度自分で買ったり運んだりしなくてはならず、水道水を利用するのに比べると不便さがあります。ウォーターサーバーであれば、美味しいミネラルウォーターを水道水のように自由に利用できます。ただミネラルウォーターをペットボトルで購入するよりは割高になりやすいので、いかにコストを意識して選ぶかが大事になりそうです。サーバーのレンタル料金やリットル当たりの水の料金、さらに毎月の最低購入本数などいろいろなコストを勘案して選ぶ必要があるでしょう。1年使ったときにどこが安くなるかで比較すると選びやすくなるかもしれません。

スペースを考えて利用する

ウォーターサーバーの利用を考えるとき、結構大事になるのがスペースです。ショッピングセンターなどで試し飲みができるブースがあり、そのまま契約してしまうときがあります。広いところにあるとあまり大きく感じませんが、一般家庭に置くとかなりスペースを取るときがあります。スリムタイプなどもあるので、大きさを把握した上で選ばないといけません。サーバー本体の大きさも気にしないといけませんが、ボトル置き場も確保しなくてはいけません。新しいボトルと使用済みのボトルを置いておく場所が必要で、スペース的にはサーバーと同じくらい必要な時もあります。ボトルに関しては使い捨てタイプならコンパクトなものもあります。使い始めたらどれくらい場所が必要か考えておきましょう。

赤ちゃんの水に悩む新米ママさんも多いですが、母乳やミルクから水分補給はできているので、積極的に水を与える必要はないと言われています。もし、与える場合はカルキを抜いた水にすると安心です。